散歩の途中で道端に咲く花を撮りました季節に関係なく五十音順で記載しました


by hi-tomih
カレンダー

<   2007年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

イボクサ [疣草]

f0122740_1946362.jpg
f0122740_1946162.jpg

ツユクサ科イボクサ属
わが国の本州から四国、九州それに朝鮮半島、中国に分布しています。水田や沼沢地に生、高さは20~30センチになります。茎は横に這いながら、節から根をだして広がります。9月か11月ごろ、淡い紅紫色の花を咲かせます。水田の雑草ですが、名前はその昔、イボをとるの使ったことによりますが効果があったかどうか。
2006/09/02  撮影
[PR]
by hi-tomih | 2007-01-31 19:47

イネ [稲]

f0122740_21464810.jpg

f0122740_2147712.jpg

イネ科イネ属
日本で栽培されている種は中国南部原産と言われる。日本人の主食として広く栽培される。高さ80cm程度。7-8月に開花。ビタミンB1の一種であるオリザニンは、脚気の治療薬として米糠から抽出されたが、これは明治43年に鈴木梅太郎が発見した。コメにはリジンが少ないものの、良質なタンパク質が比較的多く含まれ、リジンの多い大豆ととともに摂取すると、栄養価は高い。
2006/08/03 撮影
[PR]
by hi-tomih | 2007-01-30 21:48

イヌホオズキ [犬酸漿]

f0122740_1953275.jpg

f0122740_19473372.jpg

ナス科ナス属
わが国の各地および北半球に広く分布しています。道端や畑などにふつうに生え、高さは30~60センチくらいになります。葉は広卵形で、縁には波状の鋸歯があります。8月から10月ごろ、小さな白色の花を咲かせます。果実は球状で、緑色から紫黒色に熟しますが、光沢がありません。全草にソラニン、果実に脂肪油などを含んでいて有毒です。
2006/09/16 撮影
[PR]
by hi-tomih | 2007-01-29 19:49

イヌタデ [犬蓼]

f0122740_2144476.jpg
f0122740_2145627.jpg

タデ科イヌタデ属
わが国の各地と朝鮮半島、中国に分布しています。どこにでもよくある雑草です。道端や畑、荒れ地などに生え、高さは30~40センチになります。花期は6月から10月ごろ。昔はアカマンマと呼んで「ままごと」にも使いました。本物ではないとか質が劣るもの、役に立たないものに「イヌ」をという言葉をつけるようです。「オオイヌタデ(大犬蓼)」より小さくて、花穂が短くて垂れません。
2006/11/04 撮影
[PR]
by hi-tomih | 2007-01-28 21:05

イヌゴマ [犬胡麻]

f0122740_2053490.jpg

f0122740_2053208.jpg

シソ科イヌゴマ属
わが国の各地に分布しています。湿地に生え、茎は四角形で直立します。茎の稜の上には、下向きの短い棘があります。葉は披針形で対生します。7月から9月ごろ、茎の先に唇形花を咲かせます。下唇は3裂し、紅色の細点があります。名前は、種子が「ゴマ」に似ているものの利用されないことから。
2006/07/28 撮影
[PR]
by hi-tomih | 2007-01-27 20:59

イヌキクイモ [犬菊芋]

f0122740_2340436.jpg

f0122740_23402589.jpg

キク科ヒマワリ属
カナダのケベック州からアメリカのノースダコタ州、アーカンソー州、オクラホマ州にかけて分布しています。わが国へは江戸時代の末期に渡来しました。現在では各地に帰化しています。9月から10月に咲く「キクイモ」にきわめて似ていますが、地下部に大きな芋をつくらないのが「イヌキクイモ」です。高さは1.5~3メートルになり、茎や葉には粗い毛が生えてざらつきます。「キクイモ」よりも早く、7月から9月ごろに黄色い花を咲かせます。
2006/08/26 撮影
[PR]
by hi-tomih | 2007-01-26 23:41

イヌガラシ [犬芥子]

f0122740_20565391.jpg

アブラナ科イヌガラシ属
わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、インドなどに分布しています。田んぼの畔や草地などのやや湿ったところに生え、高さは10~50センチほどになります。葉は長楕円形で柄があり、切れ込みがあります。4月から9月ごろ、茎の先に黄色い十字形の花を咲かせます。
2006/04/28 撮影
[PR]
by hi-tomih | 2007-01-25 20:58

イトラン [糸蘭]

f0122740_2263934.jpg
f0122740_2265192.jpg

リュウゼツラン科イトラン属
アメリカの東部から中部に分布しています。短い茎から葉が束生し、高さは1.2メートルほどになります。葉は剣状で硬く、若い葉の縁が白い糸状に剥げるのが特徴です。6月から8月ごろ、90~180センチの花茎を伸ばして、総状花序にベル形の白い花を咲かせます。
2006/06/20 撮影
[PR]
by hi-tomih | 2007-01-24 22:07
f0122740_22261047.jpg

f0122740_22262575.jpg

キク科ハルシャギク属
アメリカの東部に分布しています。山地や丘陵、海岸平野などに生え、高さは20~40センチになります。茎は直立し、葉は線形で輪生します。6月から8月ごろ、茎頂に黄色い頭花を咲かせます。
2006/07/04 撮影
[PR]
by hi-tomih | 2007-01-23 22:27

イチゴ [苺]

f0122740_10175447.jpg

バラ科オランダイチゴ属
現在の栽培イチゴは、北米東部原産種と南北米西部の野生イチゴとの交雑種からオランダで育成されたものである。明治時代に始まった石の保温力を利用する石垣栽培は、ビニール栽培の普及などで現在ではあまり見かけない。
2005/04/05 撮影
[PR]
by hi-tomih | 2007-01-22 10:18