散歩の途中で道端に咲く花を撮りました季節に関係なく五十音順で記載しました


by hi-tomih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ラグラス

f0122740_20393250.jpg

イネ科 ラグラス属
穂のふさふさした形状が特徴で、学名のラエノコログサと同じ仲間で、白く太くしてフワフサした感じの花です。手で茎をひっぱると簡単に抜け、切花単用で使用してもよいですが、他の花のアクセントに使用してもなかなかよい感じになります。草丈が50cmぐらいに高くなるオバタスという種類もあります。ラグラスは「野ウサギの尾」の意味です。
2006/06/06 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-17 20:44

ラークスパー [千鳥草]

f0122740_2035610.jpg

キンポウゲ科チドリソウ属
6月から7月ごろ、茎の先の総状花序に青色や藤色、ローズピンク、白色などの花を咲かせます。名前は、チドリの飛ぶ姿を思わせるところから。別名で「ひえんそう(飛燕草)」とも呼ばれます。
2006/06/01 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-17 20:36
f0122740_20322897.jpg

ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属
6月から9月ごろ、茎の先に白色の小さな花を咲かせます。子どもの頃、この実をしぼって絵の具がわりに遊んだりしました。「ゴボウ」とはいっても根は有毒で、食べると吐き気や下痢などで苦しみます。
2006/08/16 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-17 20:33

ユリオプスデージ

f0122740_20164043.jpg

キク科ユリオプス属
花径は3~4㎝ほどの一重の花ですが、鮮やかな黄色の花が株一杯に咲くので魅力があります。また、花の少ない晩秋から咲き始め、4月頃まで咲き続けるので、長く楽しめます。2006/11/06 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-16 20:20
f0122740_20124979.jpg

ユリ科ユリズイセン属
5月から7月ごろ、茎頂で分枝して散形花序をだし、さまざまな花色の花を咲かせます。花披片にある斑点やラインは昆虫を誘うためだそうです。
2006/06/30 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-16 20:14

ユキヤナギ [雪柳]

f0122740_2052323.jpg

バラ科シモツケ属
3月から4月ごろ、散形花序をだして真っ白な花をいっぱい咲かせます。淡いピンクの花を咲かせる品種もあります。別名で「コゴメバナ(小米花)」とも呼ばれます。
2006/03/24 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-16 20:07

ユキノシタ [雪の下]

f0122740_17151976.jpg

ユキノシタ科ユキノシタ属
5月から6月ごろ、花茎を伸ばして円錐花序をだし、白い花を咲かせます。花弁のうち下の2個が白くて大きく、上の3個は薄紅色で濃い赤紫色と黄色の斑点があります。根もとから走出枝をだして広がります。葉はてんぷらにして食べることができ、火傷などにも効きます。
2007/06/03 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-15 17:16

ユウスゲ [夕菅]

f0122740_171368.jpg

ユリ科ワスレグサ属
7月から9月ごろ、葉のあいだから花茎を伸ばし、先端で2叉状に分枝して淡黄色の花を咲かせます。花は夕方に開き、翌日の午前中に凋みます。
2006/06/30 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-15 17:13

ユウガギク [柚香菊]

f0122740_1711444.jpg

キク科シオン属
7月から10月ごろ、枝先に直径25ミリほどの白色から淡青紫色の頭花を咲かせます。
2006/11/04 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-15 17:13
f0122740_171015.jpg

キキョウ科ホタルブクロ属
6月から8月ごろ、紅紫色や白色の大きな釣鐘形の花を咲かせます。「ホタルブクロ」に比べて、紅色が濃いようです。萼片の湾入部に反り返った付属体がないことが特徴です。
2007/09/17 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-15 17:06