散歩の途中で道端に咲く花を撮りました季節に関係なく五十音順で記載しました


by hi-tomih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ヤマユリ [山百合]

f0122740_1734320.jpg

ユリ科ユリ属
7月から8月ごろ、茎頂に芳香のある白色の花を咲かせます。花披片は反り返り、内側には黄色の条斑と赤褐色の斑点があります。
2006/07/27 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-15 17:06

ヤマブキソウ [山吹草]

f0122740_2110557.jpg

ケシ科クサノオウ属
4月から5月ごろ、黄色い「ヤマブキ」のような花を咲かせます。4弁花です。
別名で「クサヤマブキ(草山吹)」とも呼ばれます。
2007/04/12 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-13 21:11

ヤマブキ [山吹]

f0122740_216313.jpg

バラ科ヤマブキ属
4月から5月ごろ、鮮やかな黄色い花を咲かせます。名前は、枝が風に揺れるさまから「やまぶり(山振り)」と呼ばれ、それが転訛したものといわれます。
2005/04/25 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-13 21:07

ヤマハタザオ [山旗竿]

f0122740_2134144.jpg

アブラナ科ヤマハタザオ属
5月から7月ごろ、茎頂に総状花序をつけ、白色の十字状花を咲かせます。果実は長角果で、花序に沿って直立します。
2006/06/25 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-13 21:04
f0122740_20544244.jpg

キンポウゲ科 トリカブト属
9月~10月頃、茎頂の葉腋に紫色の花を多数付けます。植物全体、特にその芽、葉にもアコニチンなどのアルカロイドを含有しており、誤食すると、嘔吐、下痢、手足や指の麻痺の中毒症状を起こし、重症の場合には、死亡することもあります。鳥兜とは、舞楽の楽人が、かさね装束に用いる、鳳凰の頭をかたどったかぶりものなのだそうです。
2006/10/29 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-13 20:58

ヤマツツジ [山躑躅]

f0122740_20472727.jpg

ツツジ科ツツジ属
4月から6月ごろ、枝先に朱色の花を2~3個咲かせます。花冠は漏斗形で5中裂し、雄しべは5個あります。
2007/04/12 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-13 20:48

ヤブレガサ [破れ傘]

f0122740_2234271.jpg

キク科ヤブレガサ属
7月から8月ごろ、花茎を伸ばして円錐花序に白色または淡紅色の頭花を咲かせます。名前は、若葉のころの姿が「破れ傘」に似ているところから。
2007/04/07 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-12 22:35

ヤブラン [藪蘭]

f0122740_22311825.jpg

ユリ科ヤブラン属
8月から10月ごろ、穂状花序をだし赤紫色の花を咲かせます。その後、黒紫色の小さな果実をつけます。また根は漢方薬として用いられ、鎮咳、去痰、滋養強壮などの効果があるといいます。名前は、藪や林の中に生え、葉が「ラン」に似ていることから。
2006/08/03 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-12 22:32

ヤブミョウガ [藪茗荷]

f0122740_22291050.jpg

ツユクサ科ヤブミョウガ属
8月から9月ごろ、茎の上部に白色の花を円錐状に咲かせますが、一日で萎みます。果実は球形で、熟すと青藍色になります。名前は、葉が「ミョウガ」に似て藪に生えることから。
2006/08/03 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-12 22:30
f0122740_22224192.jpg

キク科ヤブタビラコ属
4月から6月ごろ、枝先の花序に黄色い花を咲かせます。「コオニタビラコ」に似ていますが、舌状花が多く18~20個ほどあります。
2005/05/15 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-12 22:24