散歩の途中で道端に咲く花を撮りました季節に関係なく五十音順で記載しました


by hi-tomih
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ヤブガラシ [藪枯らし]

f0122740_22201516.jpg

ブトウ科ヤブカラシ属
6月から8月ごろ、葉と対生して集散花序をだし、小さな淡い緑色の4弁花を咲かせます。花の中央部(花盤)はオレンジ色で目立ちます。果実は球形の液果でまれにつき、黒色に熟します。
2006/06/24 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-12 22:21
f0122740_2217294.jpg

アオイ科パボニア属
春から秋にかけて、淡いピンクに中心部が赤褐色の花を咲かせます。
2006/09/06 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-12 22:18

ヤナギラン [柳蘭]

f0122740_21113735.jpg

アカバナ科ヤナギラン属
7月から8月ごろ、茎の先に大きな総状花序をだし、紅紫色の花を咲かせます。名前は、葉が「ヤナギ」に、花が「ラン」に似ることから。
2007/07/01 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-09 21:13
f0122740_218338.jpg

クマツヅラ科クマツヅラ属
夏から秋にかけて、枝先の花序に淡い紫色の花を咲かせます。別名で「さんじゃく(三尺)バーベナ」とも呼ばれます。
2006/08/04 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-09 21:10

ヤツシロソウ [八代草]

f0122740_2142248.jpg

キキョウ科 カンパニュラ属
リンドウに似た小さな濃紫色の花が咲きます。九州の山地にだけ分布しているそうで、名前の由来は、熊本県の八代で発見されたことによります。 なお、ヤツシロソウは八代市のシンボルに制定されています。
2006/05/30 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-09 21:06

ヤグルマソウ [矢車草]

f0122740_20582386.jpg

ユキノシタ科ヤグルマソウ属6月から7月ごろ、円錐花序をだして淡い緑白色の花をつけます。5枚の花弁のように見えるのは萼です。名前は、この葉のかたちが鯉のぼりの矢車に似ていることから。
2006/06/25 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-09 21:00

ヤグルマギク [矢車菊]

f0122740_17553712.jpg

f0122740_17554810.jpg

キク科セントウレア属
春から夏にかけて、鮮紅色やピンク色、藍色、白色など多彩な花を咲かせます。名前は鯉のぼりの柱につける矢車に似ていることから。ヤグルマソウともいうが、ユキノシタ科のヤグルマソウと混同しないようにヤグルマギクと呼ばれる。
2006/04/11 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-08 18:02
f0122740_1751406.jpg

バラ科ヤマブキ属
4月から5月ごろ、鮮黄色の花を咲かせます。種子ができないので、地下茎を伸ばして広がります。葉は卵形で先が鋭く尖り、互生します。
2006/08/10 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-08 17:53

ヤエムグラ [八重葎]

f0122740_17491581.jpg

アカネ科ヤエムグラ属
4月から5月ごろ、葉腋や茎頂から花茎をだして、黄緑色の小さな花を咲かせます。名前は、葉が幾重にも折り重なって生えるところから。
2005/04/25 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-08 17:50

モリアザミ [森薊]

f0122740_17443120.jpg

キク科アザミ属
9月から10月に赤紫色の花を咲かせる。頭花は花茎の先端あるいは葉腋から枝分かれした短い茎の上に、上向きに咲く。総苞片が開出して棘状になる点は、本種の特徴の1つ。クモ毛が少しある。下部の葉には長い柄があり、長さ15~20cm。茎葉は上部に至るほど羽状に切れ込む。根は太くて垂直に伸び、食用にするとのこと。
2006/09/17 撮影
[PR]
# by hi-tomih | 2007-11-08 17:47